身体が固い人ほどヨガは楽しい!その理由とオススメポーズ

働きながら痩せトレ

「身体が固いからヨガはできないな…」
そう思ってなやまれている方、もしくはヨガを敬遠されている方いらっしゃいませんか?

私も友人をヨガにさそうと、決まって不安そうに「私身体硬いけど大丈夫かな…?」と聞かれます。

そう考えの方が多い中、私は声を大にして言いたいんです。

「身体が硬い人ほどハマるとどんどん楽しくなっていきますよ!!🧘‍♀️」

今回の記事では、身体が硬いと悩んでいる方や身体の硬さを理由にヨガをするかどうか迷っている人に向けて、

身体が硬い人ほど感じるヨガの魅力と、初めての方も取り組みやすく、続けていくとヨガが好きになってくるアーサナをご紹介していきます!✨

ヨガを行う目的

ヨガのレッスンを行う際に、インストラクターの先生が必ずおっしゃることがあります。それは、「他の人と比べず、ご自身の身体にフォーカスしていきましょう」こんなニュアンスの言葉、聞いたことありませんか?

なんだか難しい事言っているように思いますが、簡単に言うとこういうことになります。

「レッスンの中で、自分の身体の調子が今どうなってるか、観察を行い気づくことで日常生活に活かしてほしい。そのための時間であり、他人と比べて自分はできる、できないという気持ちで受ける必要は全くない」

インストラクターの先生方は基本、生徒さんができるかできないか判断しているわけではありません。

ヨガのアーサナひとつとっても、

生徒さんのアーサナの様子を見て「この生徒さんは肩が凝ってつまりやすいから、腕を広げてあげたら楽に背中をストレッチできるな」とみて、アドバイスをするはずです。

それはできるできないとかではなく、この人が出来る範囲でもっと楽しくもっと心地よくヨガを行えるようにとのことなんです。

それと同様、身体が硬い人ほど最初はできない…!って意識があると思いますが、硬い人ほど身体が柔らかくなって行く過程が本当に楽しいと思いますよ。

それには日々プラクティスを重ねることが大事ですが、ちょっとずつでも取り組むことで、以前の自分と比べて柔らかくなっている身体を観察できるのは、最初は身体が硬い人の楽しみですよ✨

身体が柔らかくなりやすくなるコツ!

柔軟性に大事なのは、呼吸とそれに合わせたゆっくりとした動作。

ポイントは、吸う息で姿勢を正し、吐く息でストレッチを深めることです。呼吸に合わせて身体を動かすのはヨガの醍醐味でもあります。

なのでヨガのレッスン中には呼吸を意識する誘導が多々ありますので、身体を頑張って動かすよりも、深い呼吸を意識しそれに動作を合わせることを心がけてみてください。

ここでよくないのは、勢いをつけた反動でストレッチを行ってしまうこと😱

勢いで筋肉を無理やり引き延ばしているに過ぎないので、柔軟性につながらないだけではなく怪我の恐れもありますよ…!

ヨガがどんどん楽しくなるアーサナ

タイトルの通り、身体が柔らかくなっていく過程を感じやすいアーサナをあげてみました!

長座前屈

これはとてもオーソドックスですが、基本であるがゆえに自分の身体が観察しやすいアーサナでもあります。

①足を前に伸ばし、そろえるか拳ひとつ分開いた上で、踵はしっかり正面を蹴り出す

②腰をしっかり立て、吸う息で背筋を伸ばす

③吐く息 腰から前に身体を倒す。太ももとお腹が近づいていくイメージ

④背筋が伸びるところまで上半身を倒し、手は伸ばしている足か床を軽くタッチ

このポーズは、正しい姿勢でとっていくと苦しい人だと①の状態で苦しいかもしれません。

その場合は膝を曲げたままで上半身を倒していきましょう。しっかりと骨盤は立てていく。

呼吸に合わせて、吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で腰から身体を倒す。ずっと同じ姿勢をキープしているのではなく、呼吸に合わせて行うと自然と身体が微妙に伸びていきます。

座位のねじり

座位のねじりも自分の身体がどうなっているのかわかりやすいポーズになります。

①足を前に出したら、右足のみ膝を立てていく

②骨盤をしっかり立てた後、右膝を左手で囲み、身体を右にねじっていく

③吸う息で背筋を伸ばし、吐く息でねじりを深める

ここでのポイントも、先ほどと同じ呼吸に合わせ行っていくこと。呼吸と同時に行うことで、自分がいけると思ったところ以上に身体を捻ることができます。

一つ気をつける点があり、下から順番に捻っていくことです。腰、お腹みぞおち、胸、肩、そして最後に首。

最後に

今まで、いろいろ身体が硬い人に向けてメッセージを書いていきましたが、ヨガはできるできないの世界ではありません。今の自分の身体を良くしていくプラクティス自体がヨガだと捉えて、ぜひぜひ一歩踏み出してもらえると嬉しいです😊