暑い夏に向けて涼しくなるヨガの呼吸法をお教えします

働きながら痩せトレ

こんにちは😃

ヨガインストラクターのそのです🧘‍♀️

先日梅雨入りはしたものの、毎日毎日暑い日が続きますよね…

だんだん夏に近づいてきていて、エアコンとか扇風機で涼を取る季節になってきました。

ですが、夏の気温問題は、エアコンや扇風機で解決できなくなっています…❕

冷房の環境にずっといるという身体への負担がかかるという不安や、どうしても涼を感じることができない環境があるときに、自分で自身の身体をすこし冷ますことができるとよいですよね☺

今回の記事ではこれからさらに暑くなっていく夏の時期に向けて、行うと涼しくなってくる呼吸法というものをお教えします!✨

呼吸法とは?

呼吸法というものは、ヨガでは調気法・プラーナヤーマとも言われるもので、呼吸を整えることで、身体の調子や気持ちを整えることにつながっていくと言われています。

ヨガの呼吸法は数多くあり、各々の呼吸法によって身体にもたらす効果が変わってくるので、用途によって使い分けすることができます👍✨

今回はたくさんある呼吸法の中でも暑さに負けずに涼しくなる呼吸法ですね。

身体を冷やす効果のある呼吸法は2つあります。

  • シートゥーカリー
  • シータリー

この2つは、ヨガの呼吸でも珍しい、

「口から吸って、鼻から吐く」呼吸なんです。

基本的にヨガの呼吸法は、「鼻から吸って鼻から吐く」タイプが多いんです。

では、それぞれ行い方やポイントを見ていきましょう♬

シートゥーカリー:舌先を歯茎の裏につける

シートゥーカリーは身体を冷ます効果があります。

  1. 舌先を上の歯茎の裏に軽くくっつける
  2. シューっと音をさせながら、口から息を吸う
  3. 少し息を止めてから、鼻からゆっくりと吐いていく
  4. これを5~10呼吸繰り返す

ポイントは、口から吸った後できる限り息を止め、そのあとゆっくり鼻から吐ききることです👍

そのほかにも、この呼吸法を行うときは顔の筋肉、特に口角まわりをよく使っていくので、小顔効果や表情を柔らかくする効果にもつながっていきやすいですよ✨

シータリー:下を丸めてストローのように吸う

シータリーは、舌を前にだし、空気を舌を通して吸っていく呼吸法になります。

シートゥーカリーと同様にシータリーも身体を冷やす効果があります。

  1. 舌を少しだけ前に出す
  2. 舌先をストローのように丸める
  3. 伸ばした舌で息を吸い、鼻で息を吐く
  4. 5~10呼吸繰り返す

2で舌を丸めるのが難しい方は、舌を少し伸ばすだけで大丈夫!

息を吸うときには飲み物をすするように吸っていきます。

この呼吸法では、空気が舌を通ることで、舌の上にある水分が空気を冷やしてくれます。その空気を身体の中に取り入れることで、身体を冷やしていく効果があります。

お家や人のいないところで行いましょう!

この呼吸を行うときは、

結構変顔みたいになっているので、

気になる方も多いと思います。

そんなときは、トイレやお家などで行ってみましょう♬