1分でできるヨガマットスプレーの簡単な作り方

ヨガグッズ

みなさんこんにちは☀

ヨガインストラクターのそのです😃

ご自分のヨガマットも買って、大切に使おうと思っているあなた、ヨガマットのメンテナンス、特に除菌用のヨガマットスプレーってどうすればよいか困っていませんか?

以前、私が使っているヨガマットスプレーのおすすめを別記事でいくつかあげましたが、買うのもなんだかなぁと思っている方のために、今回私が実際作っているヨガマットスプレーの作り方をお教えします。

めちゃ簡単ですし、材料もどこでも買えるものになっていますので、ぜひぜひこの記事をみてご自身で作ってみてくださいね🎵

用意するものはたったの2つ!

タイトルの通り、用意するものはたった2つ!お水と無水エタノールです!

お水はすぐ用意できると思うのですが、無水エタノールって何?って思いますよね。これは、薬局・ドラッグストアで売ってます!

定価は1800円ちょっとですが、売ってる場所によっては半額くらいのお値段で買えます!

量もかなり入ってるので、おススメですよ〜✨

売ってるものみたいに、良い匂いをさせたい!という場合はこの2つに加えて精油を用意しましょう〜!

必ず必要というわけではないので、あくまで良い匂いをさせたい!という人だけで大丈夫👌

必要な道具も4つだけ!

材料は2つ(+α)に対して、作っていく道具も4つとなっています。

  • 計量カップ
  • ボウル
  • 箸か混ぜるための棒
  • スプレーボトル

スプレーボトル以外はほとんどお家にありますよね。計量カップがない方は、ダイソーで用意するか、目分量で大丈夫!(その場合はエタノールの比率を少なめにして入れてください)

めちゃ簡単!1分でできる作り方

それでは材料も道具も揃ったところで、作り方をお教えしていきます😆✨

  1. エタノールを30ml計ってボウルに入れる
  2. 匂いをつけたい場合は精油を2.3滴垂らしてよく混ぜる
  3. 水を120ml計ってボウルに入れる
  4. よく混ぜる
  5. 容器に移し替える

完成です!どうですか、めちゃくちゃ簡単ですよね…!計って入れて混ぜるだけです。そして匂いを付けなくても良い場合、2番は省いて大丈夫です👍

1つだけ注意することが、精油を入れるタイミングです!

精油を数的入れるタイミングは、必ずエタノールと混ぜてから水を入れてくださいね。精油は水になじまないのでかならずエタノールに混ぜてからですよ~!

比率を覚えれば使い道も増えますよ!

今回、通常のスプレーボトルの容量で分量をお伝えしましたが、比率さえ覚えてしまえば容量も応用できます🎵

よく使う人・汗かきさんはアルコール強め25%がおすすめ!

アルコールの割合が高ければ高いほど、除菌力が高くなりますので、よくマットを使用する人や汗っかきさんにはおすすめのパーセンテージ。

さらに揮発性も高くなるので、マットを拭いてすぐ丸めたい人にもお勧め✨

分量はエタノール:水が1:3になるように作っていけば大丈夫!

100mlであれば、エタノール25mlとお水75ml

200mlであれば、エタノール50mlとお水150ml

こんな感じで容量を決めていけばOK👍

アルコール負けしちゃう人・飛行機に乗ってお出かけする人

アルコール割合が強いと、除菌力や揮発性は高くなるんですが、アルコール負けしちゃったりする場合があります。

また、飛行機への持ち込みがアルコールが24%超えてしまうと機内に持って入れないので、それ以下にする必要があります。

そんなときにオススメなのが15%です!

100mlであれば、エタノール15mlとお水85ml

200mlであれば、エタノール30mlとお水170ml

この濃度ですと、少し時間をおいて干してあげるメンテナンスがベストですね✨是非試してみてくださいね🎵

コスパ良くマットのメンテナンスをしましょう

ヨガマットって、メンテナンスしないと本当にすぐ汚くなっていきます。ただ、毎日・毎回きれいにしていると除菌スプレーってすぐ減ってしまうんですよね。

今回お教えしたスプレーの作り方はとっても簡単ですし、

コストパフォーマンスも良いのでとってもおすすめですよ✨